うつるの? わきがは感染症ではありません

わきがの人の服と一緒に洗濯をしても、わきががうつることはない

インフルエンザなどはそれに感染している人が隣で咳をしたりするとうつる可能性があります。
では、わきがはうつるのでしょうか。
服を共用したり一緒に洗濯をしたり、また同じ風呂の湯に浸かるとそこから感染してしまうのでしょうか。

 

基本的に、わきがは感染症ではないので誰かにうつると言うことはありません。
そもそも何かのウィルスや菌などが原因となって発症しているのではなく、わきの下にあるアポクリン腺と言う汗腺が他の人より多い人だからです。だから遺伝する可能性は十分ありますが、空気感染や飛沫感染、もちろん服を共用したりしたからと言ってほかの人にうつるなんて言うのは正しくない情報です。

 

ただ実際には、わきがの人にタオルや服を貸すと臭いがうつることがあります。これは繊維自体が臭いを吸着してしまう性質があるので、このようにうつるということが起きます。臭い自体はずっとついているのではなく、隣でタバコを吸った人がいた時と同じ様に臭いがついてしまった服でも1回洗濯をすればその臭いを解消することが可能です。

 

わきがの臭いを感じとる男性

 

だからもし、彼氏や家族などに服を貸したら、わきがの臭いがするようになったというようなことがあったら、それは、繊維にいおいがうつる=繊維が臭いを吸着しただけのことです。一緒にお風呂に入ってから何となく臭いがする気がすると言うのは、自分の思い込みかもしかしたら自分自身の食生活によって自分の体から臭いが発せられているのかもしれません。またもし万が一臭いがうつるようなことがあったとしても、それは単ににおい成分が一時的に肌に付着しただけで、そこから自分の体の中に何かが侵入するというわけでもありません。

 

従って、彼氏や家族から、わきががうつるということは一切ないのです。一緒の服を着ても大丈夫だし、一緒に洗濯をしても何ら問題はなく、別洗いをする必要もありません。お風呂に入っても何もうつることはないということを理解しておきましょう。

 

 

わきがとはどんな症状なのか

 

わきがの症状を説明する看護師

わきがが人にうつることはないと理解いただいたかと思いますが、では、そもそもわきがとはどんなものでしょうか。

 

汗腺のアポクリン腺から分泌された汗が独特の臭いを発することを、特にわきがと呼びます。人の汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」があります。

 

エクリン腺 エクリン腺はほぼ全身に分布している汗腺です。体温調節が主な機能であるため、汗の成分はほとんどが水分になります。運動をしたときのサラサラした汗はこちらのエクリン腺から出る汗の方ですね。一方、アポクリン腺から分泌される汗は脂肪やタンパク質、アンモニアなどを多く含んでいます。緊張したときに出るじっとりした汗、いわゆる脂汗と呼ばれるのはこちらのアポクリン腺から出る汗です。
アポクリン腺 エクリン腺と違い、アポクリン腺は特定の部位にだけ分布しています。股間、乳輪、耳の中、脇の下などがそれにあたります。「わきが」や「腋臭症」と呼ばれる症状ですが、実は脇の下だけではなく、股間や乳輪からも臭いが発生しているのですね。ただ脇の下以外の部位は露出していることがまずないため、脇の下のみが注目されて、「わきが」という名称がついたというわけです。

 

ところで、アポクリン腺はわきが体質の方にだけあるのではなく、すべての人が持っているものです。
では、汗が臭う人と臭わない人があるのはなぜかというと、

  1. アポクリン腺の数
  2. 常在菌のタイプ

この二つの違いがあります。

 

わきが体質の方は生まれつきアポクリン腺の数が多く、しかも一つ一つの腺も大きくできています。皮下の、体毛の毛根と同じくらいの深さに丸い粒のような形状で並んで分布しているのですが、人によっては脇の下に触れてみるとわずかにコロコロとした感触がわかることもあります。

 

また皮膚の常在菌についても、表皮にはブドウ球菌が住み着いているのが一般的ですが、わきががある場合はジフテロイド菌が多く、この菌が汗を分解する際に、わきが臭と呼ばれる独特の臭いを発生させます。

 

アポクリン腺の数は生まれつき決まっていますが、大きく発達してくるのは第二次性徴を迎える頃です。小さな子供でわきが臭を持っている子がいないのは、そうした理由があります。また、老年を迎えるとアポクリン腺は小さく縮小するため、わきがの症状も加齢とともに解消されるのが一般的です。